リファーする

「リファー」とカウンセリングで使うときは、
カウンセラーの専門領域外であったり、
クライアントさんにとって最善の方法が
自分のカウンセリング以外にあるときに、
他の専門家に任せることを言います。

英語のreferから来ていると思うのですが、
任せるとか、差し向ける、紹介するなどの
意味合いだと思います。

私ももちろん、自分の専門領域外や
私がカウンセラーを続けるよりも良い方法があれば
クライアントさんに紹介します。
別のキャリアカウンセラーの紹介をすることもあるし、
ワークショップへの参加をお勧めすることもあります。

クライアントさんにはそれぞれのテーマに合わせて
ワークをお勧めしますが、
クライアントさんからの評価が高いのがやはり
C+F研究所のワークショップ、特に、
エニアグラムとバイロンケイティワークです。

知識、経験共に豊富でセラピストでもあり、
ファシリテーターでもあり、私自身もワークに
参加し続ける中で、決めつけられない安心感、
ならなければならない方向性などないこと、
ただ自分を受け止め、自分の心から望む人生を
生きてほしいというスタンス、クライアントさんに
安心して勧められる環境にあります。

その他のリファー先もあります。
起業したい、個人事業主として働きたい方に、
実際の起業家やマーケティングの学び場などを
紹介することもありますし、ネットワークやコミュニティを
紹介することもあります。

その方に合った、そのときに必要なリファー先を
ご紹介できるように、私自身も様々な取り組み、学び、
人との出会いを大切にしたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。