潤滑油。

すごく自分で大切にしていること。
潤滑油であること。

いろんなものやことが
その機能を最大限発揮できるように
必要に応じてさす油のような存在かな、
私の意訳だけれど。

中学校の卒業のときの
最後の学級だよりに
担任の先生が、生徒一人に一文字、
漢字をくれたのだけれど、
私にくれたのは、潤という字。

潤す。潤滑油という意味かなと、
自分で受け取った。
先生とは、ケンカばかりだったけれど
ちゃんと見ていてくれたのかなと
思えた大切な一文字。

そして、この年齢になり、
自分らしい一文字だし、
とても大切にしていることだなと
改めて感じている。

私は特別なスキルや能力がないので、
自分でここに役割と強みを置いている。

スポットライト浴びてステージに
立つ人に憧れたこともあるけれど、
今はこの外に見えないけれど、
絶対に必要であるというこの役割を
心から気に入っているのです。

置かれた場所で咲きなさいという
言葉がありますが、こういうことかな〜と。

何かにならなくても、
自分が生きる場所って、
ちゃんとある。
人との比較を手放したら
見えてくる気がする。

それぞれの輝きを見出すこと仕事は
やはり、私にとって最高の仕事。

社会の潤滑油目指して、
取り組み続けていきます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。