どこで生きるか、働くか。

伊豆高原に移住してから、
しばらくは葛藤していたのですが、
自分がどこで生きて働いていくのか
心配ばかりでした。

東京と伊豆高原を毎週往復して
根無し草のようで、
悩んだ時期もありました。

でも、近々に、
東京に戻るという選択肢は、
私の中にはありませんでした。

あまりにも伊豆高原の暮らしが、
体になじみ、ただでさえ健康ですが
伊豆高原に来てからは、風邪もひかず
疲れにくくなっているようです。

食べ物も地産地消なので、
なるべく近隣で採れた有機野菜や
魚を食べています。

都心はオリンピックに向けて、
どんどん建物がたち、
人が増えていく一方で、
地方は人口減少が深刻な問題。

飽和した都会で働く以外の選択肢も
あるのだけれど、まだまだ都会に
その生き方が届いていない。

田舎で暮らし、働くという選択肢を
もっと増やしていきたいな。
農業の担い手の育成も急務だし。

田舎と都会の両方で働く、
私のような働き方もアリな世の中。
フリーランスや起業家を育成する
こともキャリア教育に入れるべきだと
思ったりする。

まだまだやれることがありそう。
この辺りを来年は追求していきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。