謝ること。

小さい頃、謝ることが苦手で、
ごめんなさいの一言が出なくて
よく怒られていました。

高校生くらいになると、
今度は、揉め事が面倒臭くて
すぐ謝る癖がついて、
反省してないのにすぐ謝ると、
友達に言われたり(笑)。

失敗したり迷惑かけてしまったとき、
そのことだけでめいっぱいになり、
余裕がなくなるんですよね。

先日、ランチに行ったレストランで、
30分待てど、料理が出てこない。
混雑していたけれどさすがに遅いので
声をかけた。
結果としては、オーダーが通っていなかった。

たまたま声をかけた人が、アワアワと
対応してくれた。
一生懸命に、
お土産を持たせようとしたりしたが、
甘いもの苦手な私は必要ないので
お断りした。
しかし、強引になんとかお土産を
持たせようとするので、
そういうことじゃないんだよなぁと。

謝るとか謝り方って難しいよな。
私、オーダー通ってなくて、
時間がなくて焦りはしたが、
クレームを言ったわけでもない。
過剰な謝罪も不快になるな〜と。

親の口癖、人のふり見て我がふり直せが
ふと浮かび、相手は鏡よねと。

謝るって感謝の謝。
ウィクショナリーによると、字源は、

「言」+音符「射」、「射」は矢を放つことであり、その結果、弓の緊張が解けることを意味する。言葉に出すことにより、心の緊張が解けること。

だそうだ。なるほど〜。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。