仕事のやりがい

「仕事にやりがいがない」という声や
「自分にはこの仕事は向いていない」とか
「本当にやりたい仕事かわからない」など、
クライアントさんが転職を考えたり、
就職活動の際に、よく聴かれる言葉です。

確かにやりがいがあって、向いている感覚があり、
これがやりたいんだ!と心から言える仕事に
出会えることは幸せだと思うし、
そう思っている人もいるであろう。

私自身はどうだったかなと考えると、
実はあまり考えたことがない。

これがやりがい!というよりも、
がむしゃらに働いているうちに、
この仕事楽しい〜と感じられたりするし、
向いているか向いていないかでいうと
カウンセラーは向いていないのではとよく感じるし、
本当にやりたいのかというよりも、
「これを今はやる」と決めただけ。

私の仕事を考える上での起点は明確で、
この仕事をすることが価値があると感じられるかどうか。
もっというと自分が目指す世界観、
たとえば世界平和だったり、人とのつながりだったり、
子どもたちの幸せだったり、それと自分の仕事に
つながりを感じられるかどうかだけを意識している。

仕事は対価を得る以上、何かに誰かにとって
価値あることであるかどうかは大事だと思っているが、
本当にシンプルに社会のために生きていれば、
それは自ずと価値を生むであろうと思っている。

そういう意味では自分の意思決定を
信頼しているということ。

キャリアカウセリングではできるだけ
その人がその人の意思決定を信頼し、
行動できるようにサポートしていく。

やりがいを見つけるサポートではなく、
ご自身で決めて実行していく中で、
「やりがいを感じる」ものだと私は思っているので。

やりたいこと、向いていること、やりがいが
わからない人は、目の前のことを「本気」でやりきることが
大事。やりきるって成果を出すとかそういうことではなく
自分のBestを出し切れるかどうか。
これってどの仕事でも「プロ」と呼ばれる人は
やっていること。

やりがい探しではなく、bestを尽くせば、
それがやりがいに変わることもあると思う。
ぜひ一緒に、「決めて、行動し、やりきる」ことに
チャレンジしてみましょう^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。