エニアグラム性格タイプの見分け方

学び舎であるC+F研究所の
エニアグラム性格タイプの見分け方のワークショップに
2日間参加してきました。

2007年から学んでいるので、ちょうど7年間、
本格的にエニアグラムを学んでいますが、
何回参加しても新しい発見や、魅力を感じます。

自分自身も変化するし、
講師のティムとよし子さんも変化するし、
参加される方も変わるので、
場も変わります。

一人で学ぶことも時には大事ですが、
周囲の助けを借りて学ぶことや、
グループダイナミクス(場の相互作用)のおかげで
新しい発見があることもたくさんあります。

そして誰かの探求が自分の探求に意味あるものであったり
誰かのコメントが自分のために放たれた言葉のように感じたり、
とても味わい深いワークショップです。

今回も性格タイプの見分け方というタイトルですが
そのタイプを見分けた先にある大事な「人間」の本質的な輝きに触れ、
見分けるプロセスの中にある、タイプよりももっと大事な
「存在」「生き方」の大切なテーマに触れ、
そしてそれに触れられるようにファシリテートしてくれる
ティムやよし子さんの珠玉の言葉に、講師としての学びもあり、
改めてC+F研究所との出会いが私の今を支えてくれているなと。

今週の土日はバイロンケイティワークの入門編
新しい本も出た事ですし、更に楽しみ。

11月にはラス・ハドソンさんの
エニアグラム来日ワークショップも控えており、
年内、自分と取り組むことに力を入れております。

ご興味のある皆様、ぜひ一緒に探求しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。