田舎暮らしの楽しさ(と、大変さ)

伊豆半島の東側にある、
伊豆高原という街に移住して5年半。

最近は田舎暮らしや地方活性化や
地方で働くこと自体がメディアでも
取り上げられたり、セミナーが開かれる時代。
企業がオフィスや開発環境を
地方に移すケースも増えてきています。
震災後に加速したような感覚もあります。

私自身は夫の転職という転機があったのですが
それでも全く地縁のない街に移住する経験は
初めてのことでした。

改めて振り返って何が楽しいか、
何が大変だったかを考えてみました。
(あくまでも私の感想)

楽しいことは、
海・山・川・滝・湖、田んぼに畑、
美しい花。空の広さ、星の美しさなど、
自然の中で暮らせること。
海から登る朝日を眺められることが
何よりも幸せです。

それから人とのつながり。
お米をもらったり、野菜をもらったり、
おすそ分けの文化もまだまだあるし、
野菜やお米を作っている人の顔まで
わかるほどの距離感。私には新鮮で幸せ。

生活も仕事も同じ街の中にあるので
生きることと働くことの距離が近いこと。
みんなが仕事とプライベートという形ではなく
働くことを楽しみながら生きている。

大変なこと。
もちろんいろいろありました。
慣れるまで虫が怖かったし、
人とのつながりの濃さでいろんなことが起きるし、
街としては衰退の危機だし・・・・
課題は常に山盛りにあります!

それでも、自然が豊かであることと、
人とのつながりがあることで、
いろんな可能性があるんですよね。

それゆえ、今は、たくさんの人と関わり、
学びあって、支え合って、可能性にチャレンジしたい。
そのこと自体が楽しいのかも知れません。

田舎暮らしをご検討されている方がいたら、
ぜひ、伊東へ^^。
一緒に何ができるか、何が仕事になるか、考えましょう!
雇用される以外の生き方をサポートしますよ^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。