当事者でありたい

目の前で起きる事や、
自分が関わることに対して、
「当事者」でありたい。
他人事として、外からうかがって、
批判したり、わかった風なことを言いたくない。

常に只中にいて、
自分の目で耳で、心で、感じたことを
ただ言葉にしたり、表現したい。

自分が感じたこと、考えた事、
思ったこと、体験したこと、
聞いたこと・・・・、自分自身として味わいたい。
そこから逃げることはできないし。

様々な出来事に直面するということは、
自分の心と直面するということであり、
起きた出来事に対して自分の中に起きたことに
対峙するということだから、
もともと当事者としてしか向かい合えないのかもしれない。

それでも、言い訳をしながら、
当事者でないふりをしないと、
向かい合えないこともあるのかもしれない。

ここまで書いて、理屈っぽいな、私・・・と思ったり(笑)。
当事者でありたいというのは、
私の願望。逃げそうになる自分を
今、ここに留めてくれる。

今日も自分の心に寄り添って、
自分の存在と、共に過ごしたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。