絵本や児童文学を描く

もともと私自身は、児童教育学科で、
絵本をつくるクラブに入ったり、
児童文学を2年間履修し、
様々な学びをしてきました。

絵本は本格的に紙まで選びに紙屋さんに
行ったり、好きな絵本をイメージして
デザインしたり、製本まで自分たちでやったんです!

子供時代から本が好きで、
図書室の本を片っ端から借りたり、
読書の時間は本当に大好きでしたし、
自宅にもたくさんの本がありました。

子供時代に描いてみたこともあるのですが
今は、もっぱら本好きな姪っ子のために
児童文学を読んだり、描いたりしています。

4歳の姪に伝えたいことや、
彼女がキラキラ目を輝かしている姿だけを
想像して、描いているその時間は、
私にとってもとてもキラキラな時間。

子どもが感覚でわかることばを紡ぎ、
子どもに時空を超えた世界観を味わってもらえるように
現実と空想がいったりきたりできるような内容を
考えていくのはとても楽しい。

語感や「音」に近いことばや韻をふむと
子どもはリズムに乗って本を読めるし、
発音することがとても楽しくなる。

読み聞かせをすると、子どもが好きな
音や言い回しがよくわかる。
なので読み聞かせも大事だなぁと。

今年5歳になる姪への誕生日プレゼントは
今年も絵本にする予定です。
今年のタイトルは「ゆめみるあすかちゃん」と
「あすかちゃんのだいぼうけん」です。
描いている私が一番楽しいのかも。

子どもに語りたいことばやメッセージは、
私が一番大事にしていることだなぁと改めて思うので
絵本を描くことでたくさんの発見があるのです。
本当にありがたい存在の姪っ子です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。