私の仕事の価値

あなたが提供している価値は何?

と、問われた時に、
ただのお金儲けでは、
やはり差別化がないので、
いつか取って代わられてしまうだろう。

やはり世の中や顧客にとって、
ニッチでも価値あることが
残っていくのであろうと思う。

自分の経験や体験は、
あまりにも当たり前すぎるので
なかなか気付きにくいけれど
たくさんのニッチが転がっていて
それを価値に感じてくれる人は
きっといる。

そこを捉えて発信していかないと、
本当に欲しい人に届かない。
顧客に合わせて情報の運び方も変わる。

時に私が気付かずとも、
顧客が教えてくれることもある。
お客さんが何を買ってくれているのか。

昔はレスポンスの速さとか、
傾聴する力や、発信力を期待されていた。
最近は、その強みが経験という裏付けと
学びにより知識を深めたことから、
さらに説得力を持てるようになった。

これも、お客さんから教えてもらうこと。
心理学と人材ビジネスの中で、
企業と個人の両方からアプローチでき、
かつ自身の挫折した経験やそこからの
プロセスが、支えになっている。

自分の価値を知りたかったら、
たくさんの人と関わり対話し、
時には批判されながらも、
自分の可能性を一緒に発見してもらうことだ。

価値は自分の頭の中で考えているだけでは
気づかないのかも知れない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。