何のための効率化か?

最近は、時間資本主義やエッセンシャル思考など、
自分にとって大切なことに時間を使うなど、
時間の考え方がただの時短や効率化ではなく、
「自分にとって価値あること」が大事になってきている。
これは時間だけでなく、物や体験もそうかもしれない。

私は今から15年前にすでに、尊敬する上司から
この問いをもらった。

「お前は何のために効率化しているのか?」と。

当時、トップ営業マンの専属アシスタントであった私は、
いかに早く正確に業務をまわし、
彼女の営業活動への時間を捻出することだけに
必死だった。なにせ、トップ営業マンなので
業務が他の社員の2倍はあったと思う。

幸い、PCの処理やデータ入力、
お客さんとのメールのやりとり、
電話のコミュニケーションなど、
私は得意だったので、ひたすらがんばった。

どんどん彼女の数字もあがり、
どんどん業務を増えていく。
私もどんどん効率化モード。
無駄を切り落とし、うまく回すために
システマチックにすることに躍起になった。

ある日、部長に呼ばれる。

「齋藤、お前は何のために効率化しているのか?」

と問われる。そして次の一言に私は目覚める。

「その効率化はお客さんのためになっているのか?」

当時の私は24歳。
「お客さんのために効率化する」ということを
営業アシスタントの仕事で考えるということすら
発想していなかった。見ていたのは、自分と営業マンだけ。

がーん。効率化が目的となり、
大事なことを忘れていたのね、私・・・と。

これは節約とかも同じかも知れないし、
片付けとかもそうかも。

「お客さんのためにならない効率化ならしないでほしい」と。
「お客さんのために時間をかけた方が良いこともあるよね」と。

その通りですよね。
無駄を省くことばかりに躍起になると、
大切なことを見落とす。
丁寧に時間をかける価値も世の中にはたくさんある。

やっと世の中も「価値あること」へのシフトが
行われているように感じる。
消費のロジックでなく、「価値」のロジックで
語られることが多くなったように感じる。

だからこそ自分にとって、今の仕事にとって
何が「価値」なのかを見極める力がより求められる。

上司の言葉1つ1つが改めて今の私を支えている。
たくさん怒られてきたからなぁ〜。
本当にありがたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。