心から応援してあげてほしい

中学生と話をする機会がたまにある。
友人やクライアントさんのお子さんたち。

親の友達で信頼感があり、
それでいて、第三者であり、
キャリアカウンセラーでもあるので、
自分ではニュートラルに子供たちの話を
聴ける方かな?とは思っている。

同時に、親御さんの気持ちに対しても
ニュートラルに受け止めているつもり。

そして自分がやりたいことや自分の夢を
子どもたちは誰よりも親御さんに応援してほしいと
願っている。

しかし、たいていが、そうではない。
一緒に夢を語り合ってくれて、
どうやったらその夢が実現できそうかを
考えてくれるというよりも、
「まず、そのためにも、勉強しなさい」と
言ってしまう。

確かに問題解決的には正解!なんだけれど、
子どもたちの中には、やりたいことがあるのに
「なんで、勉強しなければならないのか。
なんで、高校に行かないとやりたいことがやれないのか。」
腑に落ちないと勉強しない(もしくは親に言われたからとりあえずやる)。

とことん子どもたちの妄想や夢物語に
つきあってみるだけで、全く違う反応が起きる。

なんのために高校に行くのか?
なんのために勉強するのか?
やりたいことを実現した先に、
子どもたちはどんな世界を見ているのか?

稼げるか、食べれるかももちろん大事だけれど
夢を本気で追いかけたあとでも、いいんじゃない?と
自分がそうしてきたこともあり、選択肢としては「アリ」だと
私は思っている。

とはいえ、自分の子どもになると、
幸せになってほしいからこそ、問題解決や
手段を伝えたくなってしまう気持ちもわかるような気がする。

第三者の大人たちと話すことや、
キャリア教育において大切なことって
こういうところにあるなぁと感じる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。