子どもの夢の多様化

私たちが子どもの頃と違って、
子どもたちの夢は多様化している。
遊び方や学び方、情報のソースも、
明らかに変化している。

テレビ世代の私たちとは違い、
ほとんどの子どもたちがインターネットに
接続する世界に生きている。

最近はYoutuberになりたい、
ニコ動の実況者になりたいという
子どもたちもいるわけで、
親や大人からしたら、「なんなんそれ?」
という感じであろう。

夢を描くことも生きる支えになるし、
やりたいことがあるということはすばらしい。
その反面、多様化しすぎて、何をしたらいいのか、
特にやりたいこともなりたい仕事もないという子も多い。
それも良いと思う。
そうそう社会のことがわからないのだから、
仕事とは何か、働くことがなんなのか、
知らなくても当然だと思う。
働いている大人を間近に見ることも少ないであろうし。

進路決定のときだけ、子どもたちに
どこの学校に行きたいか?問うのでなく、
日々の生活や会話の中で、子どもたちの
探究心を広げ、深めてあげることが大事だなと思う。

その子が持っているキラキラなところ、
人のためにがんばれちゃう力、
まだまだだけれど、芽生えてきた意思、
ちょっとした勇気を出したこと、
そういうところを見つけ、認めて、
本人が気付いて前に進めるサポートをしてあげてほしいな。

そんなことを感じるGW。
中学生や高校生との語らいの時間から、
いろいろなことを学んでいる私です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。