最初の1歩のお手伝い

お預かりしている子どもたちの勉強を見ていて感じるのは
最初の1歩の踏み出し方さえわかれば、
あとは自動的に走る、歩く。

何をどうやっていいかわからないときは、
手をつけられないため、戸惑い、
進むことができない。

最初の1歩を踏み出すときの
心のブロックを外す手伝いと、
1歩をどう踏み出すかをサポートするだけ。

あとは信じて任せていれば、
自然と走り出す。

いろいろ干渉せず見守っている。
立ち止まってフリーズしているときは、
しばらく見守った上で声をかける。

待つことも忍耐だけれど、大事。
自力で学習できるようになるためのステップ。
強制的に何かをさせても意味がなく、
やりたくなるまで、ひたすら待つのみ。

その子のタイミングが来たら、
その子のスピードで歩き始める。
その1歩を認める。

さぁ、今日もテスト勉強です^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。