父と私の関係

第一子で生まれた私への期待は

かなりのものだったとは思う。

父はスポーツ人で野球をずっと

やってきていたし、

今でも少年野球の指導や連盟の会長など

スポーツ人の育成をしている。

私はたまたま運動神経がそこそこよくて

小さい割に力も強く、足も早かった。

スポーツテストでバランスよく、

点数が高く、表彰されたり。

父の期待は自然と強くなり、

逆上がりも、自転車もすぐ

できるように鍛えられた。

小学校低学年から区民プールで

50mの練習をし、検定を次々クリア。

スポーツテストのための練習。

マラソン大会前にはコースの試走。

毎日2㎞のランニング。

タフになるわけです(笑)。

しかも一位を取ることを期待され

まあ、それなりにがんばったかな。

忙しい父だったけれど、

スポーツの応援は常に来てくれていたし、

私も怖いながらにも、応援に来てほしいと

思っていた記憶がある。

弟が高校で野球を始めてから、

父の関心が弟に移って、一安心したものです(笑)。

父との記憶は、怒られた記憶が大半で

スポーツでのつながりしか

記憶にないけれど、

今、自分の成功体験もそこから

つくられているのは事実で、

中学までの基礎は父に教えてもらったなと。

中学からは、陸上部の恩師の、

トレーニングに耐えられたのも

まあ、そのおかげかな。

父との思い出は、ほとんどスポーツなのでした。

ふと、昨晩、父と2人だったので、

思い出しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。