誕生日プレゼント

わたしの姪は読書好きというより、

どんなおもちゃより、本を欲しがる。

読んだ本の内容をスラスラ暗記して

自分の言葉にしていく様子は、

おばバカですが、天才!と思ったり(笑)。

そんな姪は来月5歳になりますが、

昨年から絵本をつくって渡しています。

今年は2冊。

文はすぐに書けるのですが、

問題は絵(笑)。

今年から挿絵程度にしようかな。

時空を超え、最後はおかあさんの

元に帰ってくる、児童文学。

冒険や旅を通して、

成長して戻ってくるストーリーが

児童文学のてっぱん。

彼女を思い、言葉を紡ぐ時間は、

最高に至福の時。

あの愛おしい笑顔のためだと、

どんな時間も至福に変わる。

仕事も同じ。

クライアントさんの笑顔のためだと

どんなにつらい話でも、

ありがたい話に変わる。
自分が満たされている感覚を持てて

はじめて、誰かのために生きられる。

誰かを思って生きることは、

自分を幸せにしてくれる。
姪と甥のおかげで、

自分の中の新しい感情に

触れられて本当に幸せ。

自分の中にある、きゅ〜っとする、

愛おしさに、癒される。
ありがとう。

君たちの存在に感謝。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。