探求しつづけること

人は安心するためにも、答えを探したいし、
課題や問題、問いがあれば、解を導き出したい。

万人に共通する正解がないものも多々あるけれど、
それでも共通解を見つけたくて、
見つからないと不安で、怖くて。

私も子供のころ、ずーーーーっと正解を探していた。
どうやったら安心が手に入るのだろうと、
葛藤したり、人にぶつかったり、人に依存したり。
安心ってどうしても手に入らない・・・と思っていた。

親が言うことが絶対的な正解でもないし、
ニュースで伝えられることが絶対的な真実でもないし、
頭ではそれがわかりながらも、
心では誰かにゆだねたくて導いてほしくて。

解や答えが自分の中にあるという言葉を知ったのは
25歳のとき、コーチングの研修で。
「自分の中に答えがある」という言葉は
私にとってはとても新鮮であり、驚きであり、
可能性を開く言葉だった。

人と対話をすることのすばらしさや、
自分の中にある答えへの信頼や、
他者の中にある可能性に触れることなどを
そこで最初に感じたように思う。

あれから15年。
たまたまこの道に進み、人の話を聴く仕事をし、
自分の心と向かい合う日々。

自分の中の答えの変化や、
自分の中から浮かぶ問いに対して
探求し続ける日々。

自分という存在すらとてもミステリアス。
自分が導き出す解が正しいか、否かではなく、
この解が自分の中から沸いたという事実をただ
受け止めて、探求するだけ。
ジャッジしない。

それを日々繰り返しているうちに、
正解に縛られない日々になったように思う。

何が正解かということよりも、
今、この瞬間、ただ起きたこと、ただあることに、
一つ一つ向き合って探求しながら生きていきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。