夢見る夢子ちゃんだった私。

若いころは夢みがちで、
夢はたくさん描くけれど、
行動できない夢見る夢子ちゃんだった私。

学校の先生になりたいとずっと思っていたのに
高校時代、勉強をかなりの勢いで怠って、
成績が常に下位定着。
大学受験で志望大学には入れず、
自業自得すぎて、泣くこともできず。

今、振り返ると、勉強が嫌いというよりも
心が弱くて、目標のために頑張り続けることが
できなくて、自信もないし、諦めてしまうという
怠惰さ。

そんな私が就職活動にも失敗しちゃって、
本当に絶望の淵に立っていたときに、
今まで苦だともおもわず、ずっとやってきた
音楽を本気でやろうと決意し、親の反対を説得し、
専門学校に行ったのですが、そこで初めて、
本気で努力した気がします。

中学時代の陸上もがんばったけれど、
そのときは、まだどうなりたいというよりも、
目の前のことに必死にやっていただけだけれど、
親の反対を押し切ってまで「やる」と決めた、
エレクトーンだけは、自分でもよくやれたなぁというくらい
取り組んだ気がします。

これまた音楽という、
なかなか結果が出にくい道だったけれど
だからこそ得られたものは大きかった。
努力してもプロにはなれない現実。
それでも努力しただけ、成長はしている実感。
何よりも、自分がここまで努力できるということを
信じられた瞬間だったと思います。

そのあともいろいろダメダメなことも
たくさん経験しますが、
自分の中にある可能性を一つでも感じられたことは
とても大事な経験だったと今振り返ると感じます。

今では、夢のために、今、何をするか?なんて
問うている私ではありますが、
昔は、夢見る夢子ちゃんだったわけです。

そして夢見る夢子ちゃんだった私も、
結構、好きです。
夢を描くことができたり、志を持ったり、
そのことで、つながった人や、出会った言葉や
目に見えないプラスのこともたくさんあるから。

夢を描き続けられる自分でありたいと、
それは今でもそうです。
全部が行動に移せなくても、
描いたっていいよね^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。