相手の立場に立ちきること

相手の立場に立つ。
簡単なようで難しい。

こちらの理屈で相手の立場に立つのではなく、
あくまでも相手の世界観の中で
相手の立場に立つということ。

相手には相手にしかわからない世界観がある。
喜びや悲しみ。
こちらから見た喜びや悲しみと
相手の世界での喜びや悲しみは、
まったく同じであることはない。

わかった気にならず、
相手の世界観で、相手が置かれている立場で、
相手が生きてきたプロセスを
どこまで感じられるか、それが人の持つ
想像力なのだと思う。

価値観は人それぞれということはわかっていても、
自分の価値観の延長線上に、人を見ようとしがち。

自分の世界と相手の世界を分けること。
そして、相手の立場を相手の世界にたって
想像してみること。

それが自分と同じ選択でなくても、
同じ考えでなくても、感じ方が違っても、
相手の世界ではそれが真実。
そのことをまず受け止めて向かい合えるかどうか。

それができると、善悪や正否などの二者択一でもなく、
二元論でもなく、All OKなのである。

ニュートラルで、オープンマインドで。
これを改めて自分の中に持ちたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。