タオを生きる。私は、「生」を抱きしめたい。

心が苦しい時や、
大切な人を失った時、
同じ思考から離れられない時、

ケイティさんの「タオを生きる」が
とても支えになっています。

一人で読むのもいいのですが、
音読をするときのパワフルさ、
そしてタオを生きるを周りの方と
共有するときの暖かさは、さらに良いです。

何度か読書会をして、
一緒に世界観を味わうことをしましたが、
そのパワフルな体験が支えになっています。

起きている出来事に、
理由付けや意味付け、解釈を始めると、
非常に苦しくなることも
過去に何度も体験しています。

その意味付けのどれもが、
真実ではないと今ならわかります。
人が死ぬことに理由付けをすることは
とても苦しくて。
自分を責めたり、誰かを責めたり、
どうにもならない現実を憂いたり。

時間が経過することで
癒される心もありますが、
向かい合い、ワークをすることで
感じられる深い愛もあります。

生きてきたこと。
そこにあった「生」を、
ただただ感じたい。

そして今、ここに、自分が生きていることを
ただ抱きしめたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。