文句や不満を課題に変える

わたしが若い頃、上司に教えてもらったひとつ。

不満や文句は、わかった。お前はどうしたらよいと思う?という問い。

不満や文句というエネルギーには、実は、もっとこうしたい!こう変えたい!という思いがあったりする。

理想とのギャップだったり、もどかしさや葛藤があったり。

なので、わたしは、不満や文句を言う人は好き。特に表で言う人。きっと問いかけで、それは、課題に変えられるから。

わたしも表で言う。不満や文句の中に課題があるから、口に出すうちに整理されていく。

課題に変えられたら、解決策を考えられる。

愚痴や不満や文句を受け止められるリーダーが増えたら、もっと変わるのにな〜といつも思う。

もちろん、最初から課題化できるとよいのだけれど、なかなか若いうちは難しいこともある。

愚痴や不満を聞かないリーダーになると、今度は影で言いだしたり、暗黙の抵抗になったりしてしまう。

文句や愚痴をメンバーが言い始めたら、ぜひ問いかけをしてあげてほしい。一緒に解決策を考えてあげてほしい。そう思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。