怖れから防衛する?

国も人も同じだけれど、

自分を自分の怖れから、

過剰に防衛するから、争いになる。

そして争いを正当化する。

いろんな不安や怖れの要素を

ばらまいて、仕方がないから争うのだと。

守るためには、仕方がないのだと。

子どもの頃に思ったことがある。

殺人は逮捕されるのに、

戦争で人を殺すことはオッケーなのかと。

その問いは、怖くて口にも出せなかったけれど。

戦争はオッケーだと言われることが怖かった。

世界中の争いを肯定される気がして。

自分から手を出すか出さないかで、

良し悪しが決まるのか?

両方、自己防衛でしかない。

自己正当化をお互いしているだけだ。

殴られたら、殴り返す?

子どもにも伝えられないことを、

私はしたくない。

武装し武力を整えるのではなく、

自分の怖れに取り組む教育、自己探求、

心を育むこと、自分の他人の可能性や

本質、存在を感じることの素晴らしさを伝えたい。

未来の怖れからではなく、

今の命、生を大切にしたい。

ただそれだけなのにな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。