思いやりとは相手の気持ちに寄り添うこと。

相手を慮る気持ちや思いやりに

間違いも正解もないのだけれど、

気をつけないと相手の気持ちを置き去りにし、

相手に踏み込んでしまう場合がある。

共依存的になっていないか、

おせっかいになっていないか、

自分の気持ちを客観的に眺める余裕が必要。

好意からゆえに気づきにくい。

いわゆる、よかれと思ってやったのに、

というヤツである。

本来の思いやりは、相手の気持ちに

まず寄り添うことであり、

解決策をいきなり提案することではない。

これは、気をつけていないと、

やってしまいがち。

私も仕事柄、特に気をつけている。

「よかれと思って」という気持ちが

もし出てきたら要注意。

どんなときでも、問題解決するのは

支援する側ではない。

本人が自分の意思で動けるように

とことん寄り添い、サポートするだけ。

人の悩みは他人には解決できない。

本人にしか解決できない。

そのことを、いつも肝に銘じています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。