どうがんばればいいのかわからないとき。

私が子供時代がんばっていた、
陸上やピアノなどは、先生の指導のもとに
練習をし続ける、という努力の仕方がわかっていた。
もちろんスランプや伸び悩みもあったし、
表現力など努力が難しい部分もあったけれども。
それでも何をしたらいいのかは、ある程度見えていた。

今、私がしている仕事。
人の心と向き合う仕事。
経験を積んでも、心について学んでも、
トレーニングをしていても、
ひとりとて同じ人はいないので、
同じパターンで問題が解けるというものでもない。

特に相手がほぼ話をしてくれないケースに
直面すると、私自身、まだまだ弱い。
ある程度は相手の存在感や表情、時折漏らす単語で
「変化」は感じられるのですが、
それがどんな背景から生まれてくるのか、
本人が何を望んでいるのかまでリーチするのに
とても時間がかかる。

その度に、まだまだ自分自身の未熟さを感じるし、
リファをするにもネットワークが足りない。

おそらく「時間」が必要なテーマなのだけれど、
「就職」「転職」「進路決定」など、期限との調整が必要な
キャリアカウンセリングという仕事の難易度。

資格取得の際に、カウンセリングの中でも
期限があるので非常に難易度は高いと
言われていましたが、かなりの勢いで直面中。

焦ると本人の気持ちを置き去りにしてしまうし、
時間をかければ前に進むかも知れないが、
一時的な浪人や留年やニートやフリーターという選択肢を
含む覚悟が必要となる。

私自身が専門家に相談しながら進める必要もあり、
時間も余裕もないと向かい合えない。

どうがんばればいいのかわからないとき、
やはり人に相談してみるしかないのだ。
まずは相談に乗ってもらってアドバイスをもらったら
それを愚直にやってみることが大事だなと改めて思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。