議論だけでなく対話を。

15年前にファシリテーションという言葉を知り、
ダイアログを使ったワークショップを運営してみました。
会社の中で若手社員を集めて、ディスカッションではなく
全員が意見を出し合い、自分たちで大事にしたいことを
決めるためのダイアログ。
そのあとファシリテーションを学びたくて、
いろいろな場に出かけて学んできました。

仕事柄もそうですし、地域活動をしていると
様々な話し合いの場に参加することが多く、
より「対話」の必要性を感じています。

「意見を言ってください」と議長が言っても、
言いづらい席の配置や空気感、時間配分など、
なかなか意見が出ないので、その場で議決され、
裏で不満や文句が出るというパターンをよく見かけます。
全員が納得する議決などないと思いますが、
全員の心のニーズに触れた上で、意思と勇気を持って
意思決定するのがリーダーの役割なのだと思うのです。

それでないと組織は動かない。人は動かない。
ではどうしたらいいのか。

信頼関係を構築するためにも、
お互いの生きている背景や生きてきた背景、
今、感じていること、思っていることを
互いに交換できる対話の場を増やすことだと
思っています。

私のサロンに来てくださるお客様を見ていて、
お互いの自己開示をし、お互いの人生に触れているので、
全く違う価値観や意見があっても尊重し、
知恵を絞ってお互いにとって「良い」方向性を決めるために
努力をしている。

対話の場を3年間も続けてくると、
日々深まった関係になり、
おそらく、お互いの人生のピンチに助け合える
コミュニティができている。

傾聴を教えてきたこともそれをサポートしてくれ
お互いの話を深く聴くことができるので、
表面に出てくる言葉の奥にある思いまで
お互いが汲み取ることができている。

この輪を広げていきたい。
大切なことを決める時ほど、
その場にいる方同士の相互理解はとても大切。
その場作りに貢献していきたいと改めて思い、
備忘録としてここに記しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。