来た電車に飛び乗らない

エニアグラムで学んだことのひとつ。
自分の性格の反応のままに動かない。

特に、自分の正論、正しさを握りしめていると
つい、飛び乗ってしまいがち。
自分を正当化し始めたら、合図です。

自分が正しい!という考えやbeliefは、
同時に、周りが間違っている!
という二元論に入りがち。

自分が正しいと思うときほど、
それは本当ですか?と問う余裕が必要。

なぜなら、周りもみんな、自分が正しいを
握りしめていたら、何も変わらないから。
戦い、争うことしか生まれない。

正論は、時に人を追い込み、真実から遠ざける。
正しいか間違っているかではなく、
みんなの心の中にある真実にお互いが気づけるように
自分がまず自分の心と向かい合う。
心の余裕を育てる。

来た電車に飛び乗りそうな時、
深呼吸して、自分に問えますように。

世の中を悪くしたい人など本当はいない。
みんな自分を守るため、正当化するために
争うから戦争が起きる。
心に余裕があれば争いなど起こらない。
その争いに、争いで向かい合うから戦争になる。
恐れからは何も生まれない。
それぞれの正しさを理解しようとしない限り。

真実は愛からしか始まらない。
自分を正当化して誰かを責めたい時、
自分の心をまず癒してほしい。
正当化以外の選択肢を検討してほしい。
愛を持って怖れを受け止められますように。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. 学んだこと…💝
    めぐみさんのメッセージから…しっくりと…腑に落ちます(*^^*)

    1. るみさん、いつもありがとうございます☆☆☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。