丁寧に暮らす、丁寧に生きる

ここ近年、丁寧な暮らすという言葉が
周囲でもよく語られるようになり、
改めて自分にとっての暮らしを見直しています。

10代のころはスポーツや音楽に打ち込み、
とにかく熱中して生きていました。

20代のころは、仕事三昧。
不眠不休、暴飲暴食(笑)。

選んでやっていたことと、やたら健康のため、
たまたまできたことなのだと思います。

30代に入り、独立し、結婚し、伊豆へ移住。
大きな転機でした。

伊豆の地では、丁寧な暮らしが当たり前のように
日常でなされています。
自然に近ければ近いほど、そうなのかも知れません。
祖母を思い出すような暮らし。
季節に合わせた食べもの。

最初は、もちろん馴染めませんでした。

料理どころか冷蔵庫も持たずに暮らしていた
渋谷暮らしだった私。
何時でもコンビニに行けて、ラーメン屋さんも
深夜まで空いているし、
宅配業者さんも無数にあり、食べたければ
ネットでポンと予約すれば家までごはんが
運ばれてくる生活。

そんな私が丁寧な暮らしなんて、
違和感があったのです。

ところが、伊豆の人たちの価値観に触れ、
働くことや生きることが丁寧な暮らしに
つながっていて、自然をリスペクトし、
共存している。
震災後は、特に実感が増しました。

体と心のつながりを深く感じられるようになり、
思いきって、食材や調味料、ありとあらゆる日常を
見直し、今に至ります。

自分でもまだしっくりこないくらい、
この私が料理教室に通う日が来るなんて(笑)!
という感じです。

丁寧な暮らしを意識してから、
目に入るものが変わりました。
小さな人の心遣いや自然の恵みに意識が向きます。
感謝することも増えました。

朝、窓の外に朝日が昇る。
鳥の声が聴こえる。
土の匂いや海の匂いを風が運び、
朝市に並ぶ野菜の色の美しさに感動する。

丁寧に暮らし、丁寧に生きる。
丁寧な仕事をして、丁寧に人に関わる。
私にとって自分らしく生きることとは、
自分とまわりを大切にし、
共に生きること。

これからも実践していきたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。