お客様があなたのサービスを買う理由は何?

採用の現場に置き換えると、
企業があなたを採用する理由は何?となりますが、
相手にとって価値があると判断されないと、
買ってもらえません。

営業活動もそうで、お客様が買う理由がないものは
売れないのです。
特に、資金が潤沢でなければ、よほどの理由がないと
投資や消費はしないでしょう。

まぁ、わかっているけれど、
自分のことはわからないものです(私も含め)。

サロンでのマーケティング講座は、
いつもこの問いから。
小阪裕司さんの価値創造の思考法のテーマでもありますが、
売り手側ではなく、買い手側の立場にたって、
メッセージできているかを参加された方同士で、
ディスカッションしていきます。

「相手の立場に立つ」ことは、
採用現場でも、ビジネスの現場でも、大事なテーマ。
これからも磨いていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。