事実を見つめる

なんとなく寝不足・・・・
眠りが浅い・・・

と、自分に対して思っていましたが、
睡眠データを取るようになって、
深く眠れいている時と、そうでない時の両方があり、
かつ、自分で思う以上に眠れていることがわかりました。

睡眠時間も「短い」という感覚ではなく、
「何時間」と実際のデータでみると、
たまに極端に短い日があるだけで、
目標である6時間、眠れている日の方が多いこともわかる。

これは一例ですが、
感覚的にマイナスに捉えていることは、
しっかり事実で見にいくことが大事。
そしてデータも平均だけではなく、
いろいろな角度で眺めてみることで課題がわかったりします。

例えば、眠れている時と眠れていない時の差が
何で起きているのか、生じているのか。
睡眠時間や眠りの質の問題ではない時に、
何が「寝不足」「眠りが浅い」と感じさせているのか、
別の原因を調べる必要もあるかも知れません。

漠然とした不安などにとらわれてしまいがちな方は、
ぜひ、自分の周りの「事実」を見つめてみることを
お勧めします。

数値などのデータを見ること、
データの中の特異な部分に着目してみること、
データの変化が何によって起きているのか見つけること、
実際に起きている事象や、発された言葉など、
自分の感覚や解釈を一度、外してみて、
事実だけを見つめてみる。

ぜひ一度、やってみてくださいね。
そのためにも私は書き出したり、測ったりして、
記録しています。
(ちなみに睡眠データや歩数は、スマホのアプリで
記録しています)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。