生きることと、働くことと。

伊豆の生活は生きることと働くことの距離が近くて、
人間関係も自分の意志さえあれば近づけられる。

東京にいるときは、「働くこと」中心の生活で、
働くことの中に生きることが混ざっていたけれど、
伊豆の生活は生きることの中に働くことが入っている感じ。
フリーランスとして仕事をしていたけれど、
それでも働くことの方が人生を占める割合が大きかった。

ここでは仕事のつながりの前に生活のつながりがある。
人間のつながりが先にある。
東京でも実際はそうなのだけれど、会社員だと、
会社対会社の部分も多分にあるので。

伊豆だと、もし働くことという機能が
自分から失われたとしても生きていけるような
そんな気がする。
そのくらい、無条件に支えてくれる人がいるからだ。
ありがたいなぁと日々感じています。

もし田舎に住みたいなぁ、移住したいなぁという方がいたら
ぜひご連絡ください。
伊豆高原はとても住みやすい良い地域です。
東京との二拠点居住をしながらの生活もしやすいです。

「どうせ無理」と思う前に、ぜひ体験しに来てください。
私の寺子屋での対話会などで
伊豆の人たちと交流してみてほしいと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。