正論を振りかざす前にできること

私もやってしまいがちなので、
自らの戒めのためにも書いておこう。

正しいこと。
倫理観。
世の中のルールや常識。
法律。

正しさを示すものさしはたくさんあるが、
そのどれもが解釈の世界。
同じ法律でも判決が異なったり
常識も所変われば非常識になり、
正しさの基準や倫理観など個人的なものに近い。

しかし、たいていの人、自分のまわりの大勢が
その基準に賛成していると思うと、
途端、自分のものさしが圧倒的な強さを増し、
その基準が時には武器となり振りかざされる。

自分の正しさの基準から外れる人は
その瞬間、ルール違反となり間違っている人となる。
そして対立が生まれ、
自分のものさしがいかに正しいのかを
相手を負かすことで証明しようとし始める。

世界共通のものさしがあるとすれば、
それは愛でしかなくて、
人とものさしが違うのは当然で、
違いが認められずファイティングポーズを
とってしまうときほど、愛から考えてみる。

正論を振りかざす前にできること。
相手を糾弾して追い込むことではない。
戦う前にできることはないのか。
相手の立場でものさしの基準を交換してみる。
対話する。

誰かに対して強い批判が自分の中に生まれる時は
それは自分のものさしを必死で守りたい時。
自分の正しさのものさしを否定されたら生きていけない時。

聴くことを学ぶことや対話をすることの大切さは
まさにお互いの立場に立ちきり、お互いのものさしを
大切にしあうこと。
お互いの違いを味わうこと。
そのことを改めて伝えていきたいと思います。
私自身も取り組み続けていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。