もし私がいなくなったとしても。

最近、よく考える。

私がいなくなったとしても、
日常も社会も世界も何もなかったように
毎日が過ぎていくだろう。

若い頃は、誰かに悲しんでほしいなんて
思ったりして、失恋するたびに、
この人は私がいなくなったら泣いてくれるかしら
なんて思ったこともあったかな(笑)。

最近は、もし私がいなくなったとしても、
周りに何かを感じてほしいという気持ちより、
私自身がこの世に何を残せるであろうと
感じることが増えてきました。

具体的には、愛する姪や甥が、
これから先の人生でどんな困難にぶち当たっても、
たくさん愛されて育ってきたと実感できるように、
乗り越える力を持てるように、
メッセージを残したいなぁと。

私の名前や肉体が消えてしまったとしても
彼らに残せるものは、愛された記憶や感覚。

今年の姪の誕生日に渡せるように、
このテーマで本を書いています。

彼らが生きる未来がどんな世界なのか、
一緒に見ることができないかも知れないから、
どんな世の中になっても、
愛と平和の中に生きられるように、
誰かと争うことでは何も生まれないことを、
本には書きたいと思っています。

姪や甥にだけではなく、
私の仕事やワークショップ、カウンセリングを通して
同じことを伝え続けること、
私自身が体現し続けることを、
この命ある限り、まっとうしたいなぁと
心から思っています。

母と3泊4日、共に過ごし、改めて、
愛のリレーを、私は自分の子どもがいないので、
姪や甥や、仕事を通して、つなぎたいと思ったのです。

もし、私がいなくなったとしても、、、は
暗い話ではなく、愛の話です(^_^)v

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。