想像する力〜「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」〜

先日も雑談で月9ドラマの話をしました。
昨日最終回で、視聴率が月9史上最低と出ていましたが、
私はとても素敵なドラマだと思っています。

私がこのドラマの好きな理由は、、、

全てをセリフで語らないところ。
自分で主人公の気持ちや、場面から感じ取りながら
自分の想像力で背景を読み取るところが好きでした。

なんでも解説してしまったり、
主人公のセリフを通して説明してもらうような
長ゼリフのドラマも嫌いではないのですが、
このドラマは、主人公たちも多くを語らない。
表情や言葉とは裏腹な感情や、行動が逆にリアリティがあって
わかりやすい王道なストーリーではなく、
もどかしくやきもきする感じが良かったなぁと思います。

主人公の2人も多くは語らない。
お互いの優しさゆえ、言葉にしないがゆえに、
すれ違っているように見えて、通い合っている。
久しぶりにいいドラマだったなーと私は思っています。

このドラマを通して、「優しさ」とはなんだろうとか、
「生きていく」こと、「幸せ」とはなんだろうとか、
私は自分に置き換えて考えていました。

何より6人の若い俳優さんの演技力、
表情や声の出し方、立ち振る舞い、
脇を固める役者さんたちの存在感もすごかったし、
震災前と震災後の世の中の価値観の変化を
言葉にせず表現する演出や、脚本の世界に、私はとても引き込まれました。

終わってしまって寂しいですが、
私の中では花燃ゆと同じくらい好きなドラマとなりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。