言葉の背景にある気持ち

傾聴のワークでもお伝えしていますが、
「言葉」で表現しきれないことも
たくさんあるのが気持ちだと思っています。

こうやってブログを書いている時も、
言葉でどう自分の気持ちを表現したらいいのか、
しっくり来る時とこない時とあったりするし、
他の方のお話を聴いている時も、
自分がしている解釈であっているのか、
もっと背景に深い気持ちがあるのか、
言葉の背景を知りたいと思います。

言葉だけで相手を判断することはできないなと
いつも感じています。
もちろん行動だけでもわからない。
どんな気持ちで何に反応して、そのような行動をするのか、
そのような言葉を使うのか、できれば共に探求できる余裕が欲しい。

カウンセリングをする際に、気をつけることの1つです。
言葉の背景にあるその人の人生や気持ちを
どこまで相手の立場や世界観で感じ、味わえるのか。
自分の判断軸、基準を置いて、相手に関われるのか。
そのためにも自己と向かい合うことは本当に大切。

日々、修行です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。