相手を観る。

カウンセリングの際にノンバーバルのメッセージも
大切にしています。

言葉だけではなく、表情、行動、雰囲気、
その方のエッセンスを感じたい。
ご自身の意識と実際行動にギャップがあったり
受け取ったメッセージなどがあれば、
本人にフィードバックしながら、一緒に探求します。

クライアントさんの目を見ると、
いつも思うのですが、どんなに悩んでいたり、
怒っていたりしても、人の瞳って澄んでいてきれい。
それだけで、なんでも大丈夫な気がするくらい、
人の目には力があるなと思います。

言語で問いかけたり返答したり、対話するので、
言葉が大事な仕事でもあるのですが、
まず相手の輝きに触れてからカウンセリングを
始めるためにちゃんと相手を観る。

相手を観る。
傾聴の基本ですが、ノンバーバルのメッセージを
まっすぐに受け止められる力を身に付けたいです。
感じとれるアンテナの精度をあげたい。
そして、まだ本人が気づいていない、
素敵なところを一緒に見つけたい。

カウンセリングの楽しみの一つです。
昨日もきれいな瞳のクライアントさんで、
カウンセリングしながら、暖かい気持ちになりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。