経営者の置かれている立場

私も会社員時代、会社に対する不満や愚痴など、
いろいろな思いを持っていました。

しかし、フリーランスとなり
経営者のコーチングなどをするようになり、
経営者の立場に立つ機会が増えて、
愚痴や不満を言っていた時代の自分が、
全く経営者の視点に立てていなかったことに気づきました。

社員が見える会社はごく一部でしかなく、
経営者が見ている会社は様々なステークホルダーを考え、
視界も短期だけではなく中長期で見ながら意思決定を
し続けなければならない。
社員1人1人の事も考えつつ、組織全体を考える。
なかなか想像できない。

キャリアカウンセリングをしていると、
昔の私のように会社への不満や経営陣に対する不満は
たくさん出てきます。
もちろん、愚痴や不満を吐き出すことも必要。
ただ視点を変えることも大事。

経営者の視点に立ってみる。味わってみる。
そして経営者だって人であるし、失敗もする。
完璧などではない。
そんな人と人とが組織を作っているのだから、
お互いの立場を理解しながら、失敗した時は
支え合いながら、そこから学びながら、
そうできるチームや会社は素敵だなと思う。

会社に不満を感じたら、経営者の立場に立って見て
その世界観を味わってみて欲しいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。