一瞬を生きている

99歳の祖母は認知症。

それ以外は元気なので、
食事の世話くらいであとはほとんど
介護がいらない。

一年に一度しか会わないので
忘れられていてもおかしくないけれど
昨日も一瞬でわかってもらえた。

涙ぐみながら、何年ぶりやろか?と言う。
去年も来たよ〜と笑いながら答える。
何度も「驚いた」と喜んでくれる。

そして今日になると昨日会ったことは覚えていない。
「いつ来たとね〜!」と、また今日も喜んでくれる。

「あんたがた来たけん、かしわごはんでも
炊こうかね」と言う。
祖母が台所に立たなくなってもう10年は経つのだが
私が行くと必ず台所に立とうとする。
祖母はそんな人だ。

覚えていないことを悲しむことは簡単だけれど
私はそれ以上に毎日喜んでくれる祖母が
ありがたい。会うたびにいくつになったか
問うてくれて、会うたびに驚いてくれて、
喜んでくれる祖母にうれしくなる。
今、この瞬間が全てなのだ。

祖母が昨日言っていた。
仏さまに手を合わせて、
お願いすることなどもうないのだと。
ただただありがとうと感謝しかないと。
毎朝晩、般若心経をあげてひたすらお礼をしている。
ついでにお供えのお菓子は全部食べちゃうのはご愛嬌(笑)。

私が小さいころ、私をひざに乗せて、
情けはひとのためならず。
人のために生きていたら、
巡り巡って自分も幸せになる。
役に立つ人でありなさいと、
言っていた。

働きづめの人生だった。
長男の嫁として積んだ苦労の話は、
壮絶な人生である。
貧乏だった話は母からも聞いているし、
いろんなことをあきらめて手放して
生きてきているはずだ。

でも祖母は望むことはなく、
ひたすら感謝している。
苦労したことにも感謝している。
祖母の生き様から学ぶ。

私は望む。
祖母が今、この瞬間、幸せを感じられていることを。
そしてできればもう少しだけでいい、
長生きさせてあげてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。