発信に責任を持つ

何かを発信するということは、
多かれ少なかれ誰かに影響もある。
わかっていても、わかっているから、
発信するのだけれど。

所詮、言葉、しかも文字なのだけれど、
その言葉や文字を受け取る相手は、
何通りもに意味を解釈する。

それゆえ、文学は面白かったり、
人間は面白いのだけれど、
時折、予想もしない方向に解釈が進み、
誰かの反応を強く引き出してしまう。

いや、時折、誰かの反応を予想して
書いてしまう気持ちがないとは言い切れないが
異なる解釈のまま流れてしまうこともある。

公のメディアに発信できる世の中になり、
自分という小さな人間でも、誰かにとって、
多少の影響があるわけで、そのことを忘れずに
自分の発信に責任が持てないことは言わないと
心がけている。
うっかり言ってしまったら、すぐに謝る。
誰かの反応に真摯に対応する。

カウンセラーという仕事柄、
やはり気をつける必要があるなとあらためて、
最近、意識しています。

それでもうっかり不用意な言葉を使ったり、
不適切な発言になったときは、
素直に謝れる心の余裕を育てたいと思う。

慎重になりすぎるのではなく、
自分の言葉を客観的に感じる余裕を育て、
思いっきり自分の言葉で自由に語りたい。
日々、努力中です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。