自分は正しい、正論だと思うときほど。

まあ、思ってしまうわけです。
私は間違ってない!と。

理論武装して、抜け落ちがなく、
外堀埋めて、正しさを証明しようとする。
確かにある一定の側面では正しく正論かもしれない。

しかし、法律ですら様々な解釈があり、
正解はひとつではなく、「絶対」はない。

正しさを握りしめているときほど、
多様な側面で見られないし、
相手が握りしめている正しさが見えない。

みんな自分の正論と正しさで戦うと、
相手の正論と正しさとぶつかる。

みんなが握りしめてしまうと、
自我の殻と殻がごっつんこ。
平和な解決にはならない。

違うものさしで測れば正しさは変わる。
時代や文化によっても違うし、
性格によっても違う。

私は、正しい!と思うときほど、
一歩引いて相手の立場で物事を見られる
自分でいたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。