あなたのキャリアのPDCA回っていますか?

悩みを聴くことが多い仕事なので、
上手くいかない事例は多々持っている気がします。
(もちろんそのあと、上手くいった事例も多々持っていますが)

なかなか上手くいかない時の特徴として、

「To Do」を決めていない
「To Do」を決めたがやらない
「To Do」をやったが振り返りをしていない

ということが挙げられます。

やることを決めるところがとても大事ですが、
決めてもやらない人、いつかはやるのかも知れませんが
すぐに手をつけない人は、なかなか上手くいかない。
そしてまた悩み始めてしまい、「やること」を忘れてしまう。

これはクライアントさんに限らず、私自身もそうですが、
「どうしようどうしよう」と焦って悩んでいるときほど
「何もやっていない」という結論に達します。

悩んでいることと、考えることはこれまた違うし、
考えてもわからないことは、やるしかない。
これまたとてもシンプルなのだけれど、
みなさん、なかなか手をつけないわけです。

「やる」と決めたら「すぐやる」
やってみてうまくいかなければ、振り返りして、
再度 ToDoを考える。
すなわち、PDCAを早く回すこと。
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

「P」で立ち止まらないこと。完璧でなくても「D」に進む。
「D」をすぐやること。
「C」では、良いところも改善点も含めて評価すること。
「A」を実行してうまくいかなければ、もう一度「P」に戻る。

とにかく、DOしよう!

キャリアカウンセリングでは、
実行計画をすぐやれない人の場合は、
毎月1回伴走して「C 」の機能を請け負ったりもします。
私もそうですが、人と約束したことの方が、実行に移せたりします。

ぜひまずは、PDCAサイクルを動かしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。