「場」をつくれる人になりたい

最初にファシリテーションという言葉や
「場」という言葉に出会ったのは2001年ごろ。
当時、一緒に仕事をしていた先輩が
外資系の企業にてトレーニングに携わっていたこともあり
新しいメソッドに詳しかったので、
コーチングなどもその頃に教えてもらいました。

場をつくれる人になりたい。
そこに集う人の力を引き出すことが
最大の成果を生むんだ!
と25歳の私は、場やグループダイナミクスのパワーに
ものすごく興奮していたように思います。

スコラ・コンサルトさんに出会って、その思いは加速します。
http://www.scholar.co.jp

「なぜ会社は変われないのか?」を読んで
涙が溢れて止まらず、組織風土改革に興味がどんどん湧き、
セミナーに通い、自分の会社で小さく実践してみたり、
繰り返していくうちに、こういう仕事がしたいなと
当時から思っていたように思います。

今、その学んできた実践してきたノウハウを
どんな場や組織でも誰でも活かせる形として
みなさんにお伝えしたり、自分も仕事で顧客に提供したり、
仕事になっているなぁと実感しています。

「やり続けたら、仕事になった」
ということは多々あります。
特にフリーランスの立場なので、
やってみたら仕事になることはたくさんあります。

顧客や社会を見つめて、そこの「不」を解消するところに
ビジネスチャンスはあると思っていますので、
そことやりたいことがマッチさせられるかが肝ですね。

キャリアカウンセラー、キャリアコンサルタントとして、
人と仕事の良いマッチングが生める「場づくり」を
これからもしていきたいと思います。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。