人と比較したくなるとき。

私は人に恵まれているとよく感じますが、
その周りの人たちがすごすぎて、
自分の至らなさやできなさに、絶望するときがあります。


まわりが超人に見えてしまい、
あー、私はどうしていつまでも凡人なんだー(笑)と。
人と比較してしまうとき、よくこのような状態になり
突然、無気力になったり、自信を失うことがあります。

しかし、そもそも、私は超人になりたかったのか?と
問いを立てるわけです。

いや、凡人でいい。開き直ったわけではなく、
凡人とか超人とかではなく、実現したいこと、
今の足元手元をしっかり見つめる。
喜ばせたいお客さんの顔を見つめる。
そうだ、超人と思える周りの人たちは、
ただそれをシンプルにしている人たちだなと思い出す。

自分がどうなるか?ではなく、
お客さんやその先の社会、世界を見て仕事をしている人が
私の思う「超人」イメージなんだなと。

自分を見失うとき、
それは顧客の顔がしっかり見えていないとき。
そういうときこそ、目の前をしっかり見る。
社会で起きている物事をしっかり見る。
その事実を見つめて、1つずつ取り組むのみ。

それだけ。とてもシンプル。
その積み重ねでしかないのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。