手放す勇気

あれもこれもやりたい。
しかしキャパシティは有限。
何を選択するか、何を手放すのか?
何を先にして何をあとに回すのか。

命も有限であることを考えると、
今、やりたいことを、優先させたいが、
寿命が100年だと全く優先順位が変わる。

手放して、誰かに任せるという選択肢もある。
しかし、時折、執着がじゃまをする。
自分がやらなければならないのかを問う。

大抵のことは誰かに任せられるはずである。
しかし自分でなければならない気がしてしまう。
それこそ執着だなぁと自戒する。

手放すことでまた自分の新しい役割が
やってくるはずだ。
わかっているが時に手放せない。

最近はそんなことを悶々としています。
現実としては手放さないとどうにもならないのだけれど。

来年に向けての一番の悩みどころ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。