ぶれない私。

今年は、若い社会起業家の方や、
思いを持った熱い人たちとの関わりが増えました。

クライアントさんの職種の幅も広がり、
私自身も、多様な仕事に出会うことができた1年でした。

色々な方と対話を繰り返す中で、
私自身も自分のことを話す場面が増えて、
改めて自分の中のぶれない軸に気づくこともできました。


どんな話をしていても、最後に必ず、
「やっぱり教育なんです」とコメントしている自分。
「子どもたちの未来に希望を」と。

子どもの頃から将来の夢はずっと「先生」。
仕事として教師にはなれなかったけれど、
「子どもたちを育む」ということに携わりたいと
心のどこかで思いながら生きて来ました。

キャリアカウンセラーという仕事に出会い、
キャリア教育という教育に出会い、
改めて、子どもたち、教育に軸を置いて物事を考えたいと
ぶれずに思っている自分に気づきました。

体現するべく、今年は子ども起業塾の開催ができ、
「教育」に携わる様々な仕事の方と対話ができ、
保護者向けの講演のご依頼を頂いたり、
子育て支援の団体さんに傾聴を教える機会を頂いたり。

来年はもっともっとダイレクトに、
「子ども」「教育」の世界にも入っていけたらと思っています。
それだけはぶれずにいたい。

未来の子どもたちのために生きているか?
が、私の行動指針です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。