考えてもわからないときがある

どんなにどんなに考えても
やったことないこと、知らないこと、
正解のないことは、わからない。

わからないから考えたくなるのだけれど、
考えても考えても何も出てこない時もある。

そんなときは動けと言われても、
どう動いていいかわからない。


ビビりで臆病でよわっちい私がたどり着いた答えは
「わからない」ことを人に伝えて
「教えて」と言うことしかできない。

それを甘えとか依存と言われても、
じっとしているよりはマシだ。
と、思っている。

それと同時に動けないビビりの「怖れ」と
向かい合うことも必要で、
何を自分は怖れて動けないのか・・・
怖れを乗り越えてでも「やりたい」という意思はないのか・・・
ひたすら自分に問います。

死なない程度に痛い目をみる覚悟を・・と
尊敬する先輩に言われたことがあるが、
自分の中のエッジを乗り越えるというのはそういうことだ。
「自我の死」である。
自分の過去や怖れを含んでエッジを超えていく。
トランスパーソナルだなぁ。

というわけで、今日も覚悟を決めて
1日がんばります^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。