暑苦しいわたし

自分の中のこだわりポイントのようなものがあって、
固執しないように気をつけているけれど、
それでも譲れないとき、譲れないこともあったりする。

そんなとき、自分でも暑苦しいなぁと思う。
引いたところにいる私が「何、熱くなってるの!」と
声をかけてみたりするんだけれど、
なかなかね。


なんだろうね、若いころから変わらないところ。
一歩、引いてみて判断すると、
そんなに大きな出来事じゃないのだけれど、
自分の中の違和感を見過ごしたくなくて
つい外に出しちゃうんだよね。

嫌われてもいいから(そうそう嫌われないけれど)、
感じたまま、思ったことを話すということを
大事にしている。

本気で実現したいことは本気で対話する。
本気の対話は時に、意見の相違を生むけれど、
みんなが「本気である」ことが大事で、
だいたいそんなに変な方向に行かない。

本気である方向が私利私欲ではなく、
周りの共感を得られるか?ということを
最近学んできたけれど、
どんなことであれ、私利も私欲も全くないことはないし。

外野にならない。当事者である。
ここから逃げずにどう向き合うのか。
もしくは、向き合うことを手放し、
当事者にも外野にもならない選択肢もある。

こんなことをひたすら問答している暇があれば
動け動けーなんだけどね。
これ日々葛藤です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。