気持ちがふさぎ込んでしまうとき。

私自身もたまにありますし、
クライアントさんにもそのような状態で
苦しんでおられる方がいらっしゃいます。

ふさぎ込んでいる理由を考えても
いろいろあって「これ」ってものもなく
きっかけもなく、気がついたら・・・ということもあり、
どうやって立ち直っていいのか八方塞がりになる場合も。


無理やり、理由を探し出す必要もないし
そうなったことに意味づけする必要もなくて、
頭で考えてもわからないときは、
ゆっくり体を癒すことから始めてみてもいいと思います。

私の場合は「これでもか!」ってくらい寝る。
仕事以外は全部寝る。
紙に心にある気持ちや状態や文言を
全て書き出してみる。それを客観的に眺める。
そして信頼できる友人や知人に気持ちを吐き出すのを
ただただ受け止めて聞いてもらう。

など、自分なりの方法でふさぎ込んでいる状態から
ちょっとずつ動けるようになります。

ふさぎ込んでいる自分を責めないことが大事かなと。
そんなときは、誰にもであるし、
無理に動かなくてもいいのだと
私は思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。