現実と夢との間

いろんなことが前に進み始めて、
自分がやりたいことが目の前にたくさんあって
それをやらせてもらえるチャンスがあって、
大好きな人たちに囲まれていて、
これは夢なのか?というくらい
いや、ただただ幸せだなと。

もちろん大変なことも
現実的には課題も山積みなんだけれど
それでも今、ここに生きることが
喜びであると感じられていることが幸せ。

昨日、ふと、余命について考える機会があり、
自分は余命を宣告されたときに
どう生きるのか?ということを考えた。

割とよく考えるテーマ。
本当に人生何が起きるかわからない。
余命宣告とかの前に突然に命を失うこともあるし、
大切な人をそうやって失ってきたから。

だから今、この瞬間を生きることを大切にしてるし
それと同時に100年後の社会についても大切にしている。

私にとって目の前の仕事に打ち込むことと、
愛しい姪と甥へ伝えたいメッセージを残すこと、
その2つを大事にしている。

目の前の仕事に打ち込むことが
自分が大切にしたい人、もの、世界観を
大事にすることにつながるから。
そして100年後の社会を考えて仕事をしているので
未来に対して取り組むことでもあるので、
姪や甥のこれからの未来を大事にすることでもある。

命の期限が切られた時に、
それでも淡々と自分の毎日が過ごせるように
自分の心に取り組み続けたいと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。