相手の立場に立つこと

傾聴の基本でもあるけれど、
相手の立場に立つこと。
相手の世界観を味わう。
置かれた状況に立ってみる。

いろいろな気持ちが行き来する。
相手はこの世界観の中で
何を見て何を感じているのか、
一緒に体感してみる。

感情移入ではないのです。
相手の世界観の中に意識的に身を置き
味わってみること。
身を交わしてみること。

わかりきることなんてできない。
相手の気持ちにはなれない。
相手にはなれない。
それでも人間はすごいと思う。
感受性があり、相手の立場に立って
共感することはできる。
理解したいと思える。

今日も誰かの立場に立ち続ける。
それがわたしの仕事。
一緒に少しずつ成長していこう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。