暮らす場所を選ぶ

子どもの頃は親の仕事の都合で
住む場所が大阪高槻市→東京都北区と変わり、
マイホーム購入で千葉県佐倉市に移住。

仕事を始めるようになって、東京に住んだのは
一人暮らしを始めることがきっかけ。
そのときは「住む部屋」を会社への通勤を考えて探す。
のが、暮らす場所探しだった。

ご縁で伊豆に住むようになったのは
最初は結婚がきっかけだった。
ここまでは自分として暮らし方を意識したことはなく
いろいろな流れの中で選択していただけだった。

働き方の選択肢がこの10年で
社会的にも広がって来たように思う。
特に震災後のこの6年間は加速している。

親友夫婦が沖縄に移住してカフェを始めたり、
伊豆にもたくさんの方が移住してきている。

そういう変化の中で仕事柄、
どう生きるのか、暮らすのかを考える機会が増えた。

そして私も人生のいろいろな転機をきっかけに
熱海に住もうと決めて、春に引っ越す。
武蔵新城との二拠点はしばらく継続してみるつもり。

熱海なら伊豆高原にも都内にも出やすいし、
新幹線が走っているので意外とどこに出るにも便利。

そして何より、ここで暮らす人たちの
顔がよく見えるちょうどよいサイズの街だと思う。
行政の人たちとも距離が近い。
地元の人たちと外部からの移住者が
他地域に比べると交流できている方だと私は感じている。

いろいろ移住を決めたポイントはあるけれど
誰と暮らすか?誰と働くか。が私にとっては大事。
仕事だけでもなく、生活だけでもなく、
ここで生きていくイメージが湧くかどうかだ。
買い物はネットを使えばなんでも手に入るから
買い物ができるお店は私にはあまり必要ない。

それより地物の食材が手に入ることや、
ゆっくりできるなじみのお店(カフェとかレストランとかスナックとか)や
商店街があるかどうかだなぁ。

仕事だけではないつながりが
私の人生にはとても大事なのだと気づいた。
それは伊豆に来てからの私の大きな変化です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。